株式会社遠藤店

株式会社遠藤店の会社案内
TEL 0229-82-2230
7:30 ~ 17:00 定休日/日・祝
TEL 0229-82-2230
Menu SP
COMPANY

会社案内

人に優しく、自然と共生し、
環境を守る建設業をめざします。
代表メッセージ
TOP MESSAGE
弊社は、以前より環境問題に取組んでいる会社であります、建設業を志し、建設業で生きて行く者として、「建設業=環境破壊」という負のイメージを払拭したく、小さな事から少しずつ努力してまいりました。
住宅建設から、観光施設や行政施設の建設、改修、ダムや公園などの維持管理、災害時の復旧土木作業まで、まさにこの地元のあらゆる仕事をさせていただいております。これらの経験は、単に建設、土木というだけではなく、この地域の、この土地での経験であり、私達ならではのノウハウが蓄積されてきたと自負しております。また、それらの経験を基に、近年では東北大学の研究室と産学連携の取り組みも行っております。
そして子供達にもこうした技術、未来にふれてもらい、大きく羽ばたいてもらうために、様々な地域貢献も行って参りました。
私達はこれからも、建設サービス業として今まで以上に地域に根ざし、今後起きるであろう災害時には地域貢献・地域との共生に尽力したいと考えています。「約束を守る、嘘をつかない、言い訳をしない。」をモットーに、人に優しく、自然と共生し、環境を守る建設業をめざします。
株式会社遠藤店 代表取締役
三浦勝巳
経営理念
地域の発展に寄与する 従業員の生活を守る
弊社の経営理念は、現社長の目指す地域の姿、
そして従業員の姿を表現したもので、今も変わらず事業活動の基盤として息づいています。
行動指針
一、約束したことはしっかり実行します
一、常に安全を最優先に行動します
一、社内、社外を問わず、元気に挨拶します
一、段取八分、常に準備をしっかりします
一、決められたルールはしっかり守ります
一、整理、整頓を常に心がけ、実施します
一、ためらわず考えを伝え、話し合います
一、身だしなみに気を付けます
一、常に笑顔での応対を心掛けます
一、常に地域のためを考え行動します
会社概要
会社概要
会社名 株式会社遠藤店
創業 1960年3月1日
設立 1986年9月24日
所在地 〒989-6711宮城県大崎市鳴子温泉字中野18番地の2
連絡先 TEL:0229-82-2230
FAX:0229-83-2230
メールアドレス:e-it@endouten.co.jp
代表取締役 三浦勝巳
従業員 16名
許可番号 宮城県知事許可(特-2)第2152号
許可業種 土木工事業、建築工事業、とび・土工事業、石工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、水道工事業、解体工事業
営業所 仙台営業所
取引銀行 仙台銀行、古川信用組合、りそな銀行、三菱UFJ銀行
加入団体 大崎市建親会、NPO法人環境会議所東北
主な取引先 国土交通省、防衛省、農林水産省、宮城県、大崎市、東北大学、前田道路(株)、(株)熊谷組、横河工事(株)、
ライト工業(株)、Jパワー、ジェイペック
Image Slider
Image Slider
Image Slider
Image Slider
Image Slider
Image Slider
沿革
沿革
1952 鳴子ダム 着工
1960 遠藤虎男 遠藤店創立 (土木、運送業中心)
1970 遠藤孝虎 2代目社長に就任
1983 現社長三浦勝巳が仕事で遠藤店と付き合いはじめる
1986 遠藤店を有限会社へ(法人化)
1990 現社長三浦勝巳と2代目社長の長女遠藤瑛子が結婚
1993 三浦勝巳 遠藤店入社
1997 新社屋完成
1998 遠藤店を株式会社へ改組
2001 小泉内閣誕生 建設業が打撃を受ける
2002 鳴子ダムの維持工事を始める
2004 瀬戸工業所の仕事増
環境展参加
2004 土木維持工事を始める
2005 三浦勝巳 3代目社長に就任
2006 アスベスト事業を始める
2007 瀬戸工業所(大口取引先) 倒産
2011 東日本大震災 支援物資の運搬を行う
2016 大江戸温泉開業
2019 現社長の三男 三浦臣吾入社
2020 建築部新設
現社長の次男 三浦健太入社
関連企業
関連企業
有限会社鳴子中央タクシー
有限会社鳴子中央タクシー
〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷87−3
TEL:0120-224-482
大正浪漫についてはこちら
Icon Page Top